食事の楽しみを持続させるイタリアンの肉料理

イタリアンは私たち日本人にとっても、とても食べなれた料理です。なぜなら日本にいながらにして、イタリアの食材を手軽に購入することができ、手軽にイタリアンを食することができるからです。日本人ならば嫌いな人はいないパスタやピッツァをはじめ、今やイタリアンは私たちの食生活に欠かすことができない、存在になっています。イタリアは中央をアペニン山脈が走っているため、とても肥沃な土地が多く魚介類、野菜類、果物、肉類、乳製品など豊富な食材がそろっています。まさにこの豊富な食材がイタリア料理を支えているといっても、過言ではありません。

イタリアの中部はアペニン山脈が中央を走っていてリグーリア海、ティレニア海、アドリア海に面した州が多いため山と海の幸が実に豊富です。首府であるローマの伝統料理には薄切り子牛肉にソーセージと生ハム重ね、白ワインで味付けしバターでソテーしたサルティンボッカ、生クリームであえたパスタのカルボナーラや、ジャガイモと小麦粉で作られるニョッキなどの代表的な料理があります。イタリア全土から食材が集まるために、様々な州の料理が食べられています。イタリアの大都市(ローマ、ミラノ、フィレンツェ)などでは現在あまり時間をかけて食事をとるということは少なくなっていますがそれでも週末や休日、地方では会話を楽しみながら時間をかけてコース料理を楽しむ、習慣があります。近年は観光客用に料理のボリュームも少なくなり、アラカルトからチョイスできるようになっています。

イタリアンにとって肉料理はメインというよりも、食事の楽しみを持続させる役割を果たしています。フランス料理のようにソースを巧みに使った料理は少なく、その肉の汁を少量かけるケースがほとんどです。肉料理も素材の味を生かした料理が特徴になっています。主な料理法としては串焼き、網焼きなどのグリル、ローストや煮込み料理にしたりします。また生ハムやソーセージなどを利用した料理も多くなっています。肉の種類も豊富で牛、鶏、豚はもちろんのことウサギやイノシシ、七面鳥や山鳥などがよく食べられています。また食べるときにワインは欠かせない存在で、一般的に白身の肉には白ワイン赤みの肉には赤ワインを合わせることが多くなっています。近年では日本に居ながらにしてイタリアの食材を手軽に購入することができますし、さらにイタリアレストランが数多くあるため気軽にイタリアの味に接することができるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です