大量に作りやすい肉の炒め物のレシピ

レストランや居酒屋などの飲食店を経営しているときにはおかずのメニューとして肉の炒め物を作ることがよくあります。繁盛している飲食店の場合にはできるだけ大量に短時間で作ることができるレシピがあると便利です。それに合わせて十分な量の肉の入荷を行っておけば大きく利益を上げられるようになります。業務用に肉を卸すなら便利なサイトもあり、通販で必要な種類のものを必要量だけ手に入れることが可能です。幾つかの種類のメニューを入れ替えて使っていこうというときにも、固定して同じものを卸さなくて良い仕組みになっていると利用しやすいでしょう。

バラや小間切れは安価で炒め物に使いやすい肉の代表格です。これに野菜やきのこを合わせて味付けをするだけで多種多様なメニューを作り出すことができます。ロースやカルビなども使用することはできますが、加熱しすぎると味落ちしてしまいやすいことに加えて、大量に作るには刻む手間がかかりがちです。薄切り肉を選べば調理時間は短くて済みますが、本来の味わいが失われてしまって持ち味を生かせなくなってしまいます。また、バラや小間切れは脂をよく含んでいることから合わせた野菜やきのこを美味しくする効果もあるので良質な脂を含んでいる豚や牛の肉を使用するのが美味しい炒め物にするためのポイントです。

基本的な調理の流れとしてにくい塩や胡椒、醤油などで下味をつけて少量の油を使って中火で軽く炒めます。表面の色が変わったところで一口程度に切った野菜を入れて中火で炒めて水分を飛ばし、野菜が全体的にしんなりとしたところで味付けをして出来上がりです。肉の味付けを濃い目にしておけば最後に味付けをしなくても十分なものになります。野菜を炒め始めたところで軽く塩を振ると野菜がしんなりとするのが早くなり、色合いの良い炒め物にすることが可能です。使用する野菜は基本的には自由ですが、ニラやピーマンなどの青物を使用し、玉ねぎやもやしなどの白いものも合わせるときれいに仕上がります。好みに応じて別に炒めた卵を入れてもよく、たけのこやレンコンなども食感を変えるのに役立つでしょう。使用する油をごま油やオリーブオイルにして香りを引き立たせたり、仕上がりに醤油や味噌を加えて焦げた香りを立たせるのも美味しさを引き立てるためのポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です