胃もたれを防ぐ肉料理のレシピ

肉をたくさん食べると胃もたれが起こってしまうという人はしばしばいます。大量の肉を使ってあるメイン料理があると豪華に見えることに加え、大好きという人も多いことを考慮するとたくさん使って料理をしたいということは珍しくありません。しかし、胃もたれが起こってしまうのでは少し控えなければならないと考えるかもしれません。ところがレシピ次第でこの問題は概ね解決することができます。胃もたれの原因は過剰な脂の摂取と胃で消化しきれないほどのタンパク質の過剰摂取、そして食べ物の胃への長時間の滞留が原因なので、これらの問題を解決するようなレシピにすれば良いのです。

一例として有用なのが茹でた鶏胸です。鶏胸を少量の塩と出汁で茹でて冷ましたものをスライスし、キャベツの千切りと大根おろしを添えるだけの簡単なものであり、ポン酢で食べると良いでしょう。鶏肉は脂が少ないことから脂の影響による胃もたれを予防することができます。大根おろしには消化酵素が豊富に含まれているため食べた鶏肉の分解を促進します。また、キャベツには胃壁を守るビタミンUが含まれているため、権威効果があると言われている有用な野菜です。そして、ポン酢に含まれている酢は胃腸の活動を促進する効果があることから消化を速やかに行って胃の内容物が腸の方へと向かっていくようになります。一方、鶏ではない方が良いというのならハンバーグも有用な候補です。豚や牛の肉を使ってつなぎにすりおろした山芋を使い、パイナップルも一緒に炒めて盛り付けると胃を助けてくれます。ひき肉は細かくなるので胃を通過しやすく、塊の肉を食べるのに比べると胃に滞留する時間が短くなるのがメリットです。山芋には無賃が含まれていて胃の粘膜を保護してくれる効果があり、胃もたれの予防に適しています。また、パイナップルにはタンパク質の分解酵素が含まれているので消化を促進してくれるのです。このような工夫をするとたくさん食べても胃もたれをしにくくなります。

このような対策があれば大丈夫だと考えて肉を大量に仕入れるなら業務用にすると単価が安くなります。大口の購入になるのは確かですが、冷凍保存をすれば長持ちさせられるので業務用で安く購入して必要のないぶんは冷凍しておけば問題ありません。胃に優しいレシピで料理をして、安く仕入れた肉をたくさん食べましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です