牛肉の希少部位であるイチボの満喫方法

ミスジ、サーロイン、ツラミなど、肉には沢山の部位がありますが、イチボはもも肉の一部で、ランプ肉の近くにあるおしりの方の柔らかい部位に成ります。
日常動作に必要な部分ですから、脂たっぷりとは言うわけでは無いのですが、柔らかな赤身に程よく脂が乗った上質な味わいが楽しめるのが特徴です。
一頭の牛から取れる量が限られている、希少価値が高い部位ですから、是非、この部位にあった楽しみ方で、味わってみましょう。

まず、イチボを贅沢に楽しみたいという方は、ステーキにしてしまうのがおすすめです。
希少な為に高価になりやすい部位ですが、たまに奮発して豪華な食事を楽しみたい時には、イチボステーキを考えてみるのは有りでしょう。
ステーキにするには、柔らかくて脂のノリも細かくて均質なものを選ぶと良いでしょう。
ある程度の厚さが有っても、柔らかめのものでしたら食べやすいですから、厚切りでステーキにすることで肉の旨味を内部に凝縮され、イチボの味わいを存分に楽しむことが可能となります。
家庭用コンロでは火力の問題で、ステーキ店のような仕上がりは難しいかもしれませんが、料理本などで焼き方を研究しておけば、家庭内でもそれなりの焼き加減は実現できます。
より本格的に楽しみたいという場合には、ステーキ店に足を運ぶのが良いでしょう。

イチボは他にも、焼肉でも楽しみやすい部位で、赤みの旨味とともに、程よい脂の甘みが楽しめます。
元々はユッケや牛刺しとしても提供されているほどの、生でも食べやすい部位ですから、しっかり焼きすぎるのはおすすめしません。
ジューシーさを残すくらいに焼き上げるのが、美味しく味わうには適していると言えるでしょう。
折角ですからバーベキューコンロや七輪を使って、本格的に焼き上げたいものです。

この部位は他にも小間切れにしてシチューやカレーなどの煮込み料理に使うにも適しています。
元々は柔らかい部位ですが、少し硬い部分であれば、こういった料理に使うのも悪くはないでしょう。
普通の肉を使うよりも、ジューシーで一味違った、本格的な味わいの料理に仕上げることも可能です。
他にも、小間切れは丼ものにしたりと色々な使い方が可能なので、ブロックで手に入らなかった時や、硬い部位を取り除いたときなどは、こういった使い方も悪くはありません。

業務用の肉を仕入れるでは、国産牛や和牛の様々な部位が入手できるので、目を通してみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です