肉の質に合わせた炒めのレシピ

肉の炒め料理は食材と味付けの組み合わせによっていくらでもレシピがあります。何を使ってもバランスさえ取れていればそれなりに美味しく食べることができるので、あまり深く考えずに野菜やきのこなどと組み合わせて調味料で味付けをすれば良いというスタンスで行うのが良いかもしれません。しかし、肉の種類や質に合わせていくことでより美味しい炒め物を目指すことができます。炒め物で重要なのは何が主役かを考えることであり、それによって食材の組み合わせや味付けを変えるのが秘訣です。

良質な肉を手に入れられたというときには、肉を主役にする方法と野菜を主役にする方法があります。前者の場合には基本的には風味の弱い野菜と合わせて炒め、味付けは塩を基本として軽く風味付けに醤油や出汁などを用いる程度にしておくと良いでしょう。典型的なレシピとして肉に軽く塩で下味を付けて強火で表面を焼き、一度さらに取り出します。そして、そのフライパンで野菜を焼いて塩胡椒で味付けをしてしんなりとしたところで肉を戻して完成というものです。一方、野菜を主役にするときにはまず肉を中火で炒め、肉汁や脂を十分に出してそこに野菜を加えて炒めます。これによって野菜が脂を吸ってさっぱりとさせつつ美味しさを増してくれるのです。味付けは塩胡椒程度でも十分ですが、醤油を合わせると風味が立って一層野菜が美味しくなるでしょう。

このようにして使える精肉卸なら信頼できる業者に通販で届けてもらうのが簡便な方法です。良質なものが手に入るかどうかは卸業者次第というところもあるので、良いものが手に入ったら継続して仕入れていくことが重要になります。もしあまり質が良くないものが手に入ってしまったときには主役は味付けにするという方法で解決可能です。キムチを使ってニラやネギなどと合わせたり、オイスターソースや生姜味噌を使って小松菜やほうれん草などの青菜とキノコ類を混ぜたりすると味付けを生かして質の低さを隠すことができます。この際には焼き加減が行き過ぎないようにするのが重要なので、色が変わった程度ですぐに味付けを始めてしまうのが大切です。食感が悪いという場合にはそれをカバーするためにもやしを仕上げに入れたり、たけのこなどのように歯ごたえのあるものを一緒にしたりすると紛らわすことが可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です