うまい肉ほど調味は不要

美味しい料理を作りたいけれどいつも納得できるような味付けができないという人は大勢います。様々な調味料を手に入れてうまく組み合わせて誰もがうまいと言えるような一品を作りたいと思っていてもなかなか思った通りには行かないものです。そうなってきてしまうとだんだんと食材にかけるお金も減らしてしまいがちであり、安い食材でほどほどな料理にして我慢しようという考えに帰着してしまうことがよくあります。しかし、うまい肉を手に入れるだけでこの問題が解決できる可能性があるのは念頭に置いておきましょう。本当に良い肉を手に入れることができれば、今まで手に入れた調味料が不要になってしまうかもしれません。うまい肉ほど調味が必要ないからです。

良質な肉を手に入れられたときに良いレシピとして二つの例が参考になります。一つはブロックや厚切りのものが手に入ったときに使えるステーキのレシピです。1cm程度に切った厚切りの肉に下味として感じるか感じないかという程度の塩を両面に塗ります。そして、強火で熱したフライパンに薄く油をひいて片面を焼き、色が変わって焦げ目が付く頃に手早く裏返します。この状態で火を止めて蓋をするだけで完成です。5分から10分ほど置いたら蓋を開けてできあがりになります。もう一つは薄切りのものが手に入ったときに使える蒸し料理のレシピです。キャベツや人参、しめじなどの野菜をせいろに入れ、その上に薄切り肉を敷き詰めて蒸し器で15分ほど蒸します。これだけでできあがりであり、塩や醤油、ポン酢や出汁などを付けて食べられるのです。このようなレシピが美味しいのは肉がうまいからであり、ステーキではその旨味を閉じ込め、蒸し料理では旨味を野菜に含ませることで全体を美味しくしています。特に良質の脂を含んでいる場合には野菜に吸収されて美味しさが倍増するでしょう。

このような良質のものを扱っている業務用の肉の卸会社はそれほど多くはありません。うまい肉を探していることを伝えて、レシピに合っているものを探してくれる業者を相談しながら探していくことが大切です。あるいは比較的小口でも扱ってくれる業務用の通販を利用して手に入れて試してみるのも良い方法であり、確かにうまいと感じることができたら大口での購入をすれば安く購入できるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です