イベントで使う肉の調達方法

地域のお祭りや学園祭などのイベントで屋台を出そうというときには食材の調達に工夫をする必要があります。安く提供することが重視されやすいのがこのようなイベントであり、食材費はできるだけ削減しなければなりません。一方、屋台では調理スペースもあまり広く取ることはできず、在庫やゴミを置く場所にも苦労してしまうことがよくあります。スペースの問題は現場で調理に携われる人の数も限定してしまうことになるでしょう。これらの観点を持って準備することが出店して満足する結果を得ることにつながります。

肉を使った簡単な料理を提供するのは屋台に向いている選択肢です。焼き鳥のようにただ焼くだけで提供できるのは肉のメリットであり、ソーセージなどの加工肉を使うこともできます。鉄板か網を準備してガスで火をつければどのような肉でも簡単に焼いて出すことができるでしょう。失敗するリスクもほとんどなく、焦げ目が付く程度まで焼けば問題ありません。十分な加熱を行えば衛生面でも問題が生じることはなく、提供する側もされる側も安心することができます。特別な機会だからこそ肉を食べたいという人も多いので、需要にも合っていて繁盛する可能性が高い選択肢なのです。良質な肉を手に入れて丁寧に焼くのは難しい場合もありますが、適度な質のものを手に入れて焼き、味付けのソースを別に用意しておくのが賢明です。シンプルに塩胡椒だけでも美味しいものにできるので、焼き始める直前に塩胡椒をして仕上げにもう一振りして提供するというのも良い方法でしょう。レシピと言えないほどに簡単なものであり、イベントの屋台で提供するには最適なものです。

業務用に肉を調達するのがイベントでは重要になります。大量に販売することになるため、量を買って安くすることができる業務用のものが優れているからです。それに加えてイベント用に加工してある肉もよく扱われているのが魅力です。焼き鳥用に肉を串に通してある鶏や、ソテー用に厚さと面積を揃えて切ってある豚、サイコロステーキにしてある牛などが簡単に購入できます。このような食材を使えば屋台の限られたスペースで下ごしらえをする必要はなく、ただ焼き続けるだけで屋台を運営することが可能です。費用を削減しつつ、少ない人数でもしっかりと販売を行えるようにできるのは業務用食材を利用するメリットでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です